お通じをよくする食べ物はどれ?

便秘に効く食べ物、知りたいですよね。

 

便秘は辛いけれど、薬や成分のキツイお茶には頼りたくないという人は、たく
さんいると思います。
特に妊娠中や授乳期の女性であれば、自分の口に入るものすべてがダイレクト
に赤ちゃんに影響すると思うと、極力自然の力でお通じをしたいと思うのは当
然のことだと思います。

 

昔からお通じに良いと言われている食べ物は、食物繊維の多いもの、そして腸
内の善玉菌やビフィズス菌の栄養になってくれる食べ物と言われています。

 

食物繊維がなぜ良いかというと、私たちの消化酵素ではなかなか分解しにくい
ために、腸まで届いて便を排泄しやすくする手助けをしてくれるからです。
食物繊維は腸内で水分を吸って膨らみ、便の量をかさ増しすると共に柔らかく
してくれるので、排泄もスムーズに行き腸内をキレイに掃除してくれます。
逆に食物繊維が不足すると便が腸内に留まって便秘になってしまいます。
食物繊維は野菜や果物にたくさん含まれていますから、積極的に摂取したいで
すよね。

 

次に善玉菌やビフィズス菌の栄養となるものですが、これは天然オリゴ糖が一
番です。
ヨーグルトや乳製品から直接乳酸菌やビフィズス菌を摂れば良いと思っている
人も多いですが、残念なことに食べ物から摂ったこれらの菌は大部分が胃で消
化されてしまいます。
「生きて腸まで届く」という宣伝を大々的に打っているのはそういった背景が
あるためで、直接摂取するよりも腸内で栄養を与えて数を増やしたほうが圧倒
的に効率が良いのです。
但し、オリゴ糖は100%天然成分の高品質のものを選ぶのがポイントです。

 

 

便秘症のわたしが行っている便秘解消方法についてお話します。

 

まず、便が出なくなって2、3日の場合は、ヨーグルトを食べること。便秘には乳酸菌が良いというので。
わたしの場合は少し多めの大体150gくらい食べると、しばらくしてから便意を催してきます。
あれ?最近出てないな、というときは積極的にヨーグルトを食べて過ごします。特に朝食として食べるのが効果的。

 

ヨーグルトを食べていても出ないときもあります。
便秘が5、6日になると、なかなかしぶとく、ヨーグルトだけでは出てきません。
そんなときは腹筋をします。腹筋をすることでお腹に刺激が加わる為か、割とすぐにゴロゴロいいだします。
特に、ツイストを加えながら腹筋するのがオススメです。調べてみると、腸が伸びたり縮んだりすることがお通じに良い効果をもたらしてくれるそうです。

 

大体わたしは上の方法で便秘解消してますが、予防としては、毎日規則正しい生活を心がけること、野菜をしっかり食べること、等が大事になってくると思います。

 

もう、10数年便秘に悩まされているのですが、なかなか解消されません。

 

薬を飲んだり、便秘に効くお茶を飲んだりしたときは一時的に解消はされるのですが、それをやめたり、飲み続けると効果が無くなって、また便秘に戻ってしまいます。

 

私にとっては、ヨーグルトや豆類やキムチのような辛いものなどは、一般的には効きめがあると言われるものも、全く効き目がありません。

 

便秘というのは、おなかが膨れてパンパンになって苦しいものです。これはなったことがある人にしかわからない苦しさがあると思います。私が一番効果があると思うものは、結局水分を多くとって腸を動かすような運動をするということです。

 

腸を動かすような運動というのは床にぺったりとお尻をつけてすわり、お尻であるく運動が一番効果がありました。これは本当に腸が動くのでオススメです。

 

どうしても苦しいときは、一度薬で出すのも必要なときもあります。

 

 

便秘の方も、普段そうでない方も、いつ便秘になるかわからないものです。
やはり身近な悩みの一つですね。予防や改善方法はいろいろあると思います。

 

私はちょっと胃腸の調子がよくない時に、あまり食べる事ができないと、そのまま便秘になってしまう、という事があります。

 

 

そんな時、最近はブラン(小麦ふすま)を食べています。
この食品に含まれる食物繊維は、腸内のお掃除をしてくれて、手軽に摂取できるものだと感じました。

 

プルーン、ヨーグルト、豆乳、ハチミツ、チーズ、オイルなどと一緒に頂くことが多いです。その日によって、お好みのもので変化させると、飽きがこなくて良いと感じています。

 

私が頂くブランは食感がカリカリとしているので、脇役には柔らかいもの、といったふうにすると、食感も楽しめるのでおすすめです。

 

またプルーンに含まれる繊維質や各種ミネラルも、便秘予防や改善、体質作りにも欠かせないものの一つだと実感しました。

 

 

予防としては、楽しんで長続きするものが一番ではないでしょうか。
少しでも食べ物に気をつけて、便秘の予防、改善ができると嬉しいですね。

 

 

私は、若い頃本当に食べ物の好き嫌いが多かったのです。今思うととても甘やかされていたと感じるが、本当に好き嫌いが多かったのです。
野菜は殆ど食べれず青物なんて見るのも嫌だったのです。若かったからか、高校までは特に体に異変が起こったことが無かったので何も気にしなかったが、成人して異変が起きました。

 

それは、激太りです。どのような状態になったかと言うと、とにかくお腹がパンパンになったのです。私は悩んだ挙げ句、便秘だということに気がつきました。そして便秘を解消するには、食物繊維が必要であることが分かったのです。しかし、私の野菜嫌いをどのようにして解消すればいいのかまた悩みました。

 

しかし、案外甘い考えだったらしく私の野菜嫌いは食べず嫌いだったのです。子どもが克服するのと同じく、細かく刻んで他の食べ物に混ぜて食せば何ともありませんでした。毎日食物繊維を摂ったおかげで私の便秘は治りました。さらにダイエットにも成功したのです。だから、私は食物繊維が大事であると考えます。