MENU

プレバイオティクスのサプリや食品の種類と効果について

プレバイオティクスとは、イギリスの微生物学者によって1995年に提唱された用語で、
意外とまだ歴史は浅い用語です。

 

ビフィズス菌(ブルガリア菌)などの微生物は、プロバイオティクスと呼ばれます。
一文字しか違いませんねw
プレバイオティクスの意味は「プレ」と「バイオティクス」を分けると比較的理解しやすいですね。

 

「pre」には「前に」などの意味がありますから、
プロバイオティクスが成り立つ為に必要な補助的要素と言えます。

 

プレバイオティクスには以下のような特徴があります。

消化管上部で分解・吸収されることがない
大腸に共生する有益な細菌の栄養源となり、増殖を促進する

悪玉菌の栄養にはならないようです。不思議ですね。。。

腸内フローラ構成を健康的なバランスに改善し維持する

参考⇒腸内フローラってなに?

ヒトの健康の増進維持に役立つしょくひん成分

プレバイオティクスはこれらの条件を満たしています。

 

代表的な食品はオリゴ糖やポリデキストロース、イヌリンなどの食物繊維、ラクトフェリンがプレバイオティクスとされています。

 

プレバイオティクスは、前述のとおり乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増殖させるだけでなく
整腸作用や炎症性腸疾患の予防・改善作用など有益に作用するさまざまな効果
が報告されています。

 

ただ単に善玉菌を多く取れば良いわけではないということは、
善玉菌を増やすには、ビフィズス菌サプリの三つの間違い
を読めばお分かりいただけるかと思います。

 

それより重要なことは、善玉菌が快適に過ごせて、増えやすい環境を整えてあげることです。
その為には、まだあなたの腸内で生き残って頑張っている善玉菌を元気にしてやる必要があります。

 

既に住みついている善玉菌が元気になってくれるということは、
それだけ腸内が善玉菌にとって過ごしやすい状態になっており、
何よりもともとお腹にいた善玉菌自体が増えやすくなります。

 

そうすることで、
もともとお腹にいた善玉菌の力も借りることができるので
新たな善玉菌を腸まで届けた時の変化が期待できます。

 

では、善玉菌を元気にする為の3つのポイントを紹介します。

 

善玉菌が元気になる餌を与える

善玉菌の代表選手と言えばビフィズス菌ですね。
これらは菌と名の付く通り「微生物」ですから、私達の体内で栄養を摂って生活しています。
その餌となるのが【糖】と【たんぱく質】です。
で有名なのが「オリゴ糖」たんぱく質で有名なのが「ラクトフェリン」です。
ラクトフェリンはダイエットにも人気の成分ですね!
善玉菌を増やすためには、たくさん生存させるための餌が必要、ということです。
餌がなければ、例えお腹の中がビフィズス菌でいっぱいになっても餓死してしまうというわけです。

オリゴ糖やラクトフェリンは善玉菌の働きを補助する物質=プレバイオティクスと呼ばれています。
ビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やす効果がある事が確認されているだけでなく、
さまざまな生理活性作用が期待されている為、健康食品として利用されています。

食物繊維の摂取で腸内が善玉菌の過ごしやすい環境に

食物繊維を多く含む食べ物は善玉菌を元気にし、増やす役割を担います。
食物繊維が腸内で分解されるときに有機酸を作り出し、腸内環境を善玉菌が過ごしやすい酸性にする作用があるからです。
特に、SDF(水溶性食物繊維)は食後の血糖値の急激な上昇や、コレステロールの吸収を抑制する作用が報告されています。

抗生物質を飲まない。体温を下げない

体温を下げない、というのはとにかく風邪を引いたり体調を崩して、抗生物質などの薬を
飲むハメにならないためです。体温が1度下がると免疫力は30〜40%低下すると言われています。
抗生物質や風邪薬を飲んでしまうと、体内の悪い菌だけでなく、善玉菌から日和見菌まで
すべて減少してしまいます。ですから、極力抗生物質などの服用は避け、
やむをえない場合はサプリメントで必ず補充します。